ほたか病院
医療法人社団 ほたか会
病院

ほたか病院

看護部

看護部

看護部長からのメッセージ

『ほっと(HOT)あ(A)たたまる看護・介護(KA)』の実践!

看護部長

当院は、昭和53年に誕生して以来、『美しく健やかに元気で老いる』ことを支えるために地域における高齢者医療・福祉を担ってきました。超高齢社会を目前にして、その役割はより重要なものとなり、さらなる内容の充実と質の向上を求められています。その中で私たち看護部は、患者さんの尊厳を守り、治療回復への援助、安寧な療養生活、在宅に戻るためのお手伝い、回復が望めない場合の安らかな看取りへのケアを目指し、ほたか病院・武尊荘が、患者様・入居者様及びそのご家族の拠り所となる場所でありたいと考えています。
そして、職員ひとりひとりが笑顔でいきいきと働き続けられるような職場を維持していくことが看護部長としての任務と心得、環境づくりを進めていきたいと考えております。
~Dum Spiro Spero(人には生命ある限り希望がある)~
PAZグループの信念を胸に日本一の療養病院になることを目指して全力でチャレンジして参ります。
看護部長 関 妙子

看護部理念・方針

看護部理念

  • 「ほ」 誇れる看護・介護
  • 「た」 頼れる看護・介護
  • 「か」 感動の看護・介護
  • 「ほたかでよかった」と感じてもらえる看護・介護の実践

看護部方針

  • 1. 私たちは、患者・利用者を最優先にし、安全でぬくもりのある療養生活を提供します。
  • 2. 私たちは、看護・介護の専門職として知識と技術と感性を深め専門性を高めます。
  • 3. 私たちは、職員同士連携・協働し、働きやすい職場作りを目指します。
  • 4. 私たちは、業務の効率化を図り病院・老健の健全運営に努めます。
  • 5. 私たちは、医療・福祉チームの一員として地域の医療と健康増進に貢献します。

教育

教育理念

病院の理念と看護部の理念を基盤とし、生命の尊重と人間愛を根底とした調和の取れた看護、介護実践者の育成をめざす。あらゆる場面、あらゆる対象において、安全に、倫理的に、科学的根拠に基づいた質の高いケアが実践できるよう教育活動を行い、自己啓発やキャリアアップを楽しみながら行える人材育成を支援する。

教育目的

  • 1.患者、利用者、ご家族のニーズを尊重し、安全で満足していただける看護サービス、介護サービスを提供できるスタッフを育成する。
  • 2.看護職員・介護職員が自ら学び、育てあい、成長する機会を支援する。

教育目標

  • 患者、利用者、ご家族のおかれている状況の立場にたち、優先順位を考えた援助、医療・福祉サービスを選択できる能力を養うことができる。
  • 専門職としての責務において、臨床現場での問題や疑問に勇気をもって立ち向かい、解決方法を身に付けることができる能力を養うことができる。
  • ほたか病院の看護・介護職員として誇りを持ち、責任ある行動がとれる。
  • コメディカルの一員として、他職種と円滑な人間関係を構築し、お互いの立場を信頼し尊重し合いながらチーム医療を実践できる。
  • 看護職員と介護職員が協働し、患者、利用者、ご家族を援助する必要性について理解できる。
  • 看護職員・介護職員が専門職者として自立し、目的意識を持ちながら医療従事者として共に成長することができる。
  • 医療機関・福祉施設で過ごす老年期にある対象者に対して、看護職員・介護職員が協働しサービス内容を考え、実践することができる。

新人看護介護職員教育

教育目的
新人看護師、新人介護福祉士が正確で安全な知識や技術を身につけ、円滑に職場適応ができるよう支援する。
教育目標
明るく元気で職場に馴染めることができる。
看護・介護問題について解決方法を考え実践できる能力を身につけることができる。
対象者の安全と安楽を第一に考え、根拠に基づいた援助を選択し実践することができる。
看護師、介護福祉士の専門職者としての魅力や援助技術を認識することができ、専門職者としての目的意識を高くもつことができる。

ほたか会 関連施設